Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ釣行記 番外編

今日は亀山にいくつもりでしたが、
昨晩から頭痛がひどくて取りやめました。
来週あたりから本格復帰しようと思っています。
そろそろザッガーパターンやビッグベイトが始まりますね!


さて、そんな今日はモルディブ番外編です。

今回予約したのは
「ヴィバンタ・タージコーラルリーフ・リゾート」
という(多分)インド資本のリゾート。
昨年リニューアルしたばかりだそうです。

高級・バブリーなリゾートとは少し違い、
エコなご時勢を意識してか、ナチュラルインテリアを基本にした
自然指向の落ち着いたリゾートでした。

2010011215.jpg
ここはリゾートのメイン桟橋。
夜になるとライトアップするのですが、
カスミアジやらGTやらがウヨウヨ寄ってきてボイルしています。
2010011316.jpg
嫁が指さしている黒い影は全部サカナです。
特に明暗の境目には20kgくらいのGTがボイルしていました。
ここでポッパー投げたら・・・

ちなみにリゾートは釣り禁止だそうです。
まあ、水族館だと思って断念。

2010011302.jpg
2010011303.jpg
海の手前側のマダラなところが珊瑚礁でして、白いところがドロップオフで砂地。
紺色の所はドロップオフの下で深いところです。
どこかの情報で珊瑚礁の角でラインブレイクする・・・と見たのですが、
今回周った北マーレ環礁は大抵ブレイクが砂地の様子でしたので、
珊瑚礁でラインブレイクの心配はありませんでした。
今回一度もラインブレイクやトラブルはありませんでしたので
PEは6号くらいでもよかったですね。

2010011304.jpg
2010011308.jpg
プールもあってその横はジャグジー。
シャワーとバスタオルは使い放題。
2010011306.jpg
リゾートっていったら、
大磯ロングビーチか新島くらいしか思い浮かばない私には
贅沢すぎる場所でした。
20100113161.jpg
グラスビール一杯 $8
スムージー 一杯 $15
二人で一回三杯飲むと$50超えます。
割安感みたいのは一切ありません。
湖畔亭で大瓶650円ですから、円高万歳!!
でも高いですね~。
晩飯は普通に食べたら二人で$120はすぐいっちゃいます。
ガイドブックには「日本のホテルやレストランと同じくらい」
と書いてありましたが、
日本の高級ホテルって苗場プリンスくらいしか行ったことない私には何だかよくわかりません。

ちなみにリゾートはすべてUSドルでした。
モルディブはルフィアという通貨でしたが、土産屋等でも一切使いませんでした。

2010011311.jpg
照明の使い方なんぞも
上手く間接照明を使っていまして、素晴らしかったですね。
2010011312.jpg

まったくインフラの無い
南海の無人島に贅沢なリゾート作るのって
いったいどんだけコストがかかるのかい??
って、そんなことばかり想像してしまいます。

2010011319.jpg
2010011314.jpg
部屋はこんなカンジのコテージ。
よくある完全な水上コテージではありませんでした。
2010011313.jpg
部屋の広さも丁度いいくらい。
2010011318.jpg
風呂から海が眺められます。
なんて贅沢。

2010011320.jpg
2010011317.jpg
コテージから海にエントリーできまして、
シュノーケリングで充分堪能できます。
サカナの数と種類は素晴らしかったです。

2010011331.jpg
宴の後。
左の上三つがヒットルアー。
他は殆ど使いませんでした。
海で面倒なのはタックルの塩抜きですよね~。
リゾートでこんなモン広げているは
アタマのおかしいジャパニーズくらいのもんで。

2010011322.jpg
朝食のパンをくすねてきて、デッキから撒くと
それだけでいっぱい集まってきます。

ダイビングもやりましたが、
右耳の耳抜きが上手くいかなくて9mくらいまでしか潜れませんでした。
でも、シューノケリングでも充分色々見れます。

潮通しの良いアウトサイド側では
30cmくらいのメッキ?GTの子供の凄まじい数の群れとも遭遇できました。
画像がUPできないのが残念なんですが
こんだけいれば釣れるのも納得。


2010011323.jpg

頑張って働いて、また来たいですね。













スポンサーサイト

モルディブ釣行記その3

今日は暖かかったですね~。
このまま春になっちゃえば・・・と思いますが、まあ、まだ1月です。
2月になればワカサギも動きだしますし、亀山も楽しくなってきますね。

さて、モルディブの続きです。
初日の夕方ですね。

本来は夕マズメの方がデカイGTが釣れるそうなんですが、
もう力尽きてしまいボートは停泊場所へ。
そこから夕食まではスモールフィッシングです。
2010011134.jpg
シーバスジギングで使った80gくらいのジグで適当ジギング。
2010011127.jpg
落とす度にバイトがあり、結構良い引きで釣れてくるのは・・・
2010011130.jpg
バラクーダ~・・・

半身になっているのは、船長が削ってエサ釣りに使ってました。
とても歯が鋭くジギングしていると「フッ」と軽くなって
スッパリとラインを切られてしまいます。
2010011129.jpg
名前のわからんこんなサカナや赤いハタのようなサカナをポツポツ。
バラクーダも最初は面白がって釣っていましたが、
あまりにルアーをロストするのでジグが無くなり終~了~。

晩メシはこれまたアジーズの作ったパスタ。
2010011133.jpg
これまた
「イッパイタベルネ~!イッパイタベナイトアシタビッグGTツレナイヨ~!」
食え食え攻撃で嫁半泣き。
私も三杯くらい山盛りパスタを頂きダウン。。。

グェ~・・・

宿泊スペースはこんなカンジ。。
2010011134 (2)
わかり難いかもしれませんが、
右側に一部屋、正面奥に一部屋。
それぞれ1.2畳くらいに二段ベッド。。。
半畳くらいのシャワー&トイレのユニット。
ゴキ●リもいますし、ハサミムシみたいのもいます。
普通の日本人女性には厳しい環境ですね。
ベッドの上にはハッチがありまして、
頭をだせば天の川が眺められます☆

しかし、日本の夏みたいに潮でベタベタしていないのが不思議です。



2010011201.jpg

二日目スタートです。
やっぱり朝夕がいいとの噂ですが。。。

釣り始めて数キャスト目で、

ドバーン!!

半分寝ぼけながらも・・・
2010011202.jpg
一本目!

その後、すぐ2投目くらいに今までとは明らかに違う巨大な水飛沫がポッパーを襲います・・・
2010011203.jpg
「ドシャーーーーーーーーーーーーーーーー・・・」
とラインが出続けて、追い合わせもへったくれもありません
デッキから落ちないようにして、竿を立てるのが精一杯。
少しずつポンピングを繰り返し、
自分の息が上がりそうになりながら、やっと寄ってきたのが・・・
2010011204.jpg
二人がかりでも上がりません!
2010011205.jpg

今回の釣行で最大サイズ。
35キロくらいのナイスサイズ!!
さすがにこのサイズになると迫力が違いますね~!
2010011206.jpg
ヒットルアーはハンマーヘッドの「C-CUP」
もうボロボロ。
リアの6/0フックが伸びているのがわかりますでしょうか?
いやはやたいしたパワーです。

2010011207.jpg
船長が呼んでくれたので、何かと思いましたらGPSを見せてくれました。
「ココガ~ゲンザイイイチ~ ココガアナタノトマルリゾート~ ココガビッグGTツレマスネ~ 」
そんなカンジのことを言ってたような???
クルーもだんだんと慣れてきてフレンドリーになってきました。
2010011208.jpg

2010011209.jpg
レッドフィッシュって言ってましたが、正確な名前ではなさそう。
バラフエダイですかね?
コイツはアジーズが昼メシ用にさばいてくれました。

2010011210.jpg
今回のもう一つのヒットルアー
「エビポッポ」と書いてあります。
初日はこの長いシルエットが効いたカンジがします。
これもボロボロ。

2010011211.jpg
レンタルしてくれたリールはツインパワーの12000番。
これだと8号は170m位しか巻けませんでした。
そして、私の突貫「FGノット」が意外にもノートラブル。
結局リーダーは二日間そのままでとうしちゃいました。

普段厳しい釣り(亀山)ばかりしているので、
私はもう満足満足。

嫁とアジーズがキャストしてるのをVTR回しながら眺めていました。

ダバーン・・・ダバーン・・・
ドデカイ水音と一緒に

「セイルフィッーーーーーーュ!!!」

とのアジーズの叫び声
ビデオの画面から振り向くと、
2~3mくらいのセイルフィッシュが水面にベイトを追い上げています。。。
それもキャストして充分届く範囲で・・・

ああ・・・何でオレは竿を持っていなかったんだろう・・・

モルディブは最高でした。
GTもいっぱい釣れました。
でもこの旅行で一番の後悔です。



2010011212.jpg
お昼はレッドフィッシュ・カレー
タイに似ていて白身が美味しかったです。

昼以降はのんびりスモールフィッシュを・・・との話でしたが、
イマイチ釣れないので再度GTに変更。

この後、嫁はGT、カスミアジ、シイラ、レッドフィッシュとモルディブ四目釣り達成。

2010011213.jpg
最後には嫁とGTのダブルヒット!!

4時になりリゾートにチェックインする時間となり終了となりました。

結局この日は船中12~3本くらいで終了。
GTの上手な方ですと40本とか釣ったりするそうですが、
そんなに釣れなくても充分楽しめました。


今の時期の亀山バスより4倍は簡単です!

「考える釣り」ではなくて「体力の釣り」ですね。

2010011214.jpg



4時になり、今回予約してあった
「ヴィヴァンタ・タージ・コーラルリーフ」というリゾートに
GT臭満載でチェックイン。
2010011215.jpg
やっとモルディブらしくなってきましたね。



























モルディブ釣行記その2

朝自宅を7時半に出て、一度シンガポールで乗り換えして現地に着いたのが22:30ころ。
時差もあるんでいったい何時間エアに乗ったかよくわかりません。

空港の近くのフルレ・アイランドホテルに着いて爆睡。。。
2010011102.jpg
メシも美味いし、プールサイドにバーがあったりとなかなか良いホテルです。

2010011101.jpg
レストランのテラスから首都マーレが望めます。
最終日のガイドに聞いた話ですが、
周囲2.5kmの島に10万人も住んでいるそうです。

やっとモルディブに着いた気がしますが、早速釣り開始。

こちらが今回のボート。
2010011104(2).jpg
まあ、予想どうり(笑)
2010011104.jpg
船長さん
2010011105.jpg
タックル&ランディング担当
201011134.jpg
コック兼通訳のアジーズ
アジーズは英語が話せますが、他の二人はダメな様子でした。
もちろん私は日本語しか話せませんから、
中学生レベルの英単語でコックとコミュニケーションでした。

タックル準備していてまず言われたのが、
「スイベルはもってきてないのか?」
どうやらかかったサカナが回転してラインブレイクするみたい・・・
「スリーブはないのか?」
結束するのではなくスリーブでリーダーを圧着するようです。

嫁曰くそんなの使ったことない・・・とのことですが、
何だかグルグルと回転する南海の巨大魚が外道で釣れるんだろう・・・
と想像。

私たちが困っていると、ゴソゴソと船内から出してきてくれて
彼らが勝手にセッティングしてくれました。
わははは。まあ、何でもいいや。

2010011106.jpg
ちょっと殿様気分♪

2010011107.jpg
釣りするスペースはこんなカンジ。
ミヨシの先端から一人。
船室の屋根がフラットなお立ち台になっていて
そこからもう一人。
出港して20分くらいで最初のポイント?
キャスティング開始です。

初めてGTタックルでキャスティングをしましたが、
タックルの重さと、ルアーの重量に結構苦労しました。
船の足場も慣れませんし、

ポッパーのポッピングもまた大変で、
力一杯ポッピングさせないとまるでルアーが動かんし、
船の流すスピードもかなり早くてグズグズしていると
あっと言う間にルアーは後方に・・・
「こりゃエライこっちゃ~」
と思っていたら・・・

ドボン!!

10投もしないうちに私にバイト!!
なんだかわからんうちにラインが出されて、
気づいたらフックアウト・・・
いきなりのバイトにアワセを入れるのを忘れていました。。。
バーブレスのトリプルフックなんですが、
追い合わせを入れないとダメだって嫁に言われてたな・・・そういや。

珊瑚礁の小さな島が沢山ありまして、
そのドロップオフで水の色が変わるのですが
そのあたりにルアーをブン投げてポッピング・・・
の繰り返しです。
何回かチェイスがあった後、
私のルアーに、

ドボっ

でた~!!と思ったが乗らず・・・

しかし、後ろのデッキで投げていた嫁の竿がいつのまに曲がっています。

2010011108.jpg
今回のファーストGT。
嫁大満足。

次いでまたもや嫁にヒット!
2010011109.jpg
「ヘ~イ、キャメラマン!!キャメラマン!!アナタキャメラマンネ~!ハヤクトルヨ!!」
みたいなことを連呼され、現地クルーから私はカメラマン呼ばわり(笑)
2010011112.jpg
「ウリャー」とキャスティング。
バス・ソルト用のフルフィンガーの皮手袋をしていましたが、
キャストする時にラインを掛けている人差し指がツライです。
100g強のルアーを投げると物凄い負荷でして
耐えきれずにテンプラキャスト気味に。

何か所目か忘れましたが、
私にもバイト!
2010011111.jpg
こんなカンジで後ろからハーネスをつかんで転落防止してくれます。
しかしコイツもフックアウト。
ますますカメラマンよばわり・・・

船中も和んできたところで昼メシ。
2010011113.jpg
アジーズの作ったカレー。
船内は汚いがなかなか美味い!

「イッパイタベルネ~!イッパイタベナイトビッグGTハツレナイヨ~」

みたいなことを言われ、三回くらいおかわり。

ゲップ・・・

昼一番。

ドボン!!

2010011114.jpg

キター!!
今度は何回か追い合わせを入れ、落ち着いて対処。
バイトした後は何十mかいきなり走ります。
その後は下に下に潜っていくカンジです。
コンクリートブロックが猛スピードで潜っていくような。。。
2010011115.jpg
マイファーストGT。あんまり苦労せずに釣れちゃいました。
これで15~20キロくらいだそうです。

再開してすぐに

ダばーん!!

とまた出て二本目。
2010011116.jpg

2010011117.jpg
これも10キロちょいくらいですかね?

大満足!!

遠いところ来た甲斐ありました。
あっけなく釣れるんで、涙は出ませんね。
それより暑くて汗ダク。

私はもう大満足。
そして、暑さと疲れで喉カラカラ。
休みながらやらないとオッサンには無理です。
2010011118.jpg
だらしない旦那の姿を見て、
アジーズが私のタックルを拾ってキャスト開始。
グローブなし、ハーネスなし。
でも私より20%くらいは遠くにキャストしています。
さすがワイルド☆モルディビアン。。。

2010011119.jpg
2010011120.jpg
私がグタグタしてる間に嫁が二本追加。

さすがに私もムクムクと動き出しキャスト開始。
2010011121.jpg
2010011122.jpg
2010011126.jpg
二本追加。
10~20キロくらいがアベレージでした。
だんだんと慣れてきましたね。

ナイトフィッシングに続く・・・。



























モルディブ釣行記その1

さて、モルディブのお話です。

今回の旅行でフィッシングに充てたのは二日。
現地語で「ドーニー?」って言ったか?忘れましたが、
もともとは漁船で、
その後に船中泊をしながらダイビングをする用途にしたボートを
さらにフィッシングに流用している船を旅行代理店経由でチャーター。
「綺麗で快適」ってな話もあれば、
「臭くて狭い」ってな話もあり、
もう行ってみなければようわからん。

まあ「汚い臭い」を覚悟。

狙いは勿論GTでして、
モルディブは相当魚影が濃いとの事前情報でしたが、
当然条件が悪ければ釣れない方もいる様子・・・。
何故か自宅にある児島玲子のGT釣りのDVDを見て、
デッカイGT釣れたらDVDみたいに涙するのだろうか・・・
と勝手に想像。。。

で、タックルなんですが、
モルディブのチャーター船にはレンタルタックルはありません。
しかし、代わりに旅行代理店が無料でGTロッドとリールをレンタルしてくれました。
(超親切!)
おまけにハーネスまで貸して頂きまして、本当に感謝です。

おかげで竿・リールの心配は無くなりましたが、
ガイドもいませんので、その他備品は用意していく必要があります。

色々とネットで調べますが、
どうも情報がバラバラ。
バスのように多くの方が楽しむ釣りではないので、
まだまだ未確立なんですね。

まず必要なのがライン。

PEで6号以上が300mくらい必要と言われたのですが、
ピュアに「ビッグゲームブレイド」と言う商品を発見するも、あいにく在庫切れ。
アレコレ探すとV社のGTラインなんざ2万以上します・・・。
二人分買ったらそれだけで4万ですよ・・・
「高け~」

で、見つけたのが
「スパイダーワイヤー ステルス 100lb 300yd」

「6号では細いんじゃ・・・」とのGT経験者である嫁の意見により
8号相当のPEラインをご厚意により格安で譲って頂きました。

旅行会社の指示書には、
「PE6~8号にリーダー150lb前後、さらにサカナのキバ対策で200lbを50cm」
とあるのですが、
「あら?GTってキバあったっけ??」
嫁曰くそんなものは無い様子なので、
なんだか南国の海に棲む巨大ピラニアみたいなサカナが外道で釣れるから
その対策だろうと勝手に想像して納得。

次に問題になるのがそれぞれの結束方法。
これも何で結べばベストなのか調べてもなんだか良くわからん。
とりあえず色々と調べた結果、
PEとリーダーの結束を
「FGノット」
リーダーとキバリーダー?は
「電車結び」
ルアーの結束は
「新イシダイ結び」
がよさそう?とのことで、急遽結束の練習を夜な夜な始めました。

で、次いでルアー。
小森プロ曰く、
「タックルベリーで10個くらい中古で買えばOK」
との話でしたので、横浜界隈の中古屋で適当に
情緒のカケラもないバカデカイルアーを10個くらい購入。
新品だと一個5000円以上するGTルアーに絶句。
「高け~」
そんな私を尻目に嫁は嫁で新品を何個か購入。
さらにルアーにリングとフックが付いていないことに気付き
フックを探すと、
G社の6/0くらいのGTフックが一袋5000円弱ということを知りまたもや絶句。
「高け~」

そしてリングも300lbのリングだと専用のプライヤーでないとリングが開けないことが
発覚し、一番安いダイワの300lb以上対応のプライヤーを購入。
しかしそれだと嫁にはリングが開けられんことが発覚し、
追加でDUELの「GTプライヤー」を購入。
これは8000円・・・

いや~なんだか面倒だな・・・GTって・・・
こんな買っても後で役に立たない道具ばっか増えてどうすんだ???

と思いながらもなんとか準備して出発しました。

つづきます



帰国しました

ほぼ丸一日かけて、モルディブより帰国しました。

モルディブを一言で言うと・・・

「オサカナ天国」です。

珊瑚と物凄い数の魚影に癒されてきました。

詳しくはまたゆっくり書いていきます。




そして、忘れてはいけない、
先日は私の友人の一周忌でした。

NEC_0289.jpg
共に八郎潟まで行った時の思い出の一枚です。

正直彼とはいつから知り合いになったか?はっきり覚えていません。
7~8年前からだと思いますが、
いつのまにか知り合いになり、
いつのまにか亀山を一緒に楽しむようになってました。
昨年彼が亡くなったことを聞いた時は
あまりの悲しさと寂しさに絶句しました。

私たちは「亀山」というフィールドを通じて、
人生の中の「最も楽しい時間」を過ごしています。

私も亀山に通って10年以上になりますが、
色々な方が
仕事の事情であったり
家庭の事情であったり
趣向であったり

様々な事情で亀山に通えなくなった方を見てきましたが、
彼の場合は悲しすぎます。

「亀山」に来れば知った仲ですが、
それ以外はよくわからないのが現実です。
会社の同僚でもなく
学校や部活の同期でもなく
地域の繋がりもなく
ただ「楽しむ」
ということだけを目的にたまたま知り合った仲間。

そんな彼の供養の為にも
私は今後も亀山を楽しみ続けますし
次回の亀山では
彼の好きだった押切沢に行き、
彼の好きだった缶ビールとCAMELLをささげてこようと思います。





出発

3月までのスケジュールをUPしました。
例年3月は早くに予約が埋まりますので、
お早めにお問い合わせください。

もちろん、1月2月の修行もウェルカムですよ~!
苦労して釣る一匹を楽しみましょう!

DVC00026.jpg
先日4日のガイドで終了10分前にお客様が釣った一本!

DVC00023.jpg
続いて私に40UP!

いや~本気でガイド中にノーフィッシュやらかすかと思いました。
厳しい中の一匹は楽しいですよ~!



そして突然ですが、
これからモルディブに行ってきます。
よってガイドのお問い合わせへの返信は18日頃になりますのでご了承下さい。

帰りましたら、モルディブの釣りの様子もご報告します。

それではまた。


2010/01/03亀山湖

DVC00032.jpg
今年の年末年始は蔵王にいましたが、激しく吹雪ました・・・
一晩でブラックハンター号が雪に埋もれました。。。

あけましておめでとうござます。
本年も亀山湖WeekdayGuideServiceをよろしくお願い申し上げます!!



と、新年のご挨拶が大変遅くなりました。

さて、本年の抱負としましては・・・

ガイドに関して言いますと、
昨年までは釣って頂くことに精一杯でしたので、
今年からはもう少し「遊び」や「レクチャー」といった要素も取り入れて行きたいと思っています。
具体的にはトップ・ビッグベイト・ハードベイトの釣り。
あとは、ガイド中キャスティングで苦労されるお客様が多いので、
分かり易くキャスティングのレクチャーが出来るように私自身勉強し直します。

プライベートでは、
なるべく多くの亀山湖でのトーナメントに出場したいですね。
昨年は色々な事情から、亀山で出場出来た大会はたったの3試合でした。
これだけ試合から離れると、試合勘も相当鈍ります。
今年は許される限り、色々な大会に出てみようと思いますので、
その際は宜しくお願いします。

さて、新年一発目のお祭り、おりきさわ新春の様子ですが・・・

また明日・・・



Extra

プロフィール

団長

Author:団長
大江賢治
[活動カテゴリ]
チャプター房総
[主な成績]
2007年度
JBイースタン河口湖B第2戦 四位
JBイースタン河口湖B第3戦 三位
チャプター河口湖第2戦  五位
チャプター河口湖第5戦  三位
チャプター房総第1戦    四位
チャプター房総第4戦  優勝
2008年度
チャプター房総第3戦 二位
JBイースタン河口湖B第3戦 五位
2009年度
JBイースタン河口湖B第4戦 二位
2010年度
チャプター房総第1戦 五位
チャプター房総第3戦 五位
チャプター房総第5戦 三位
2011年度
チャプター房総第5戦 三位
2012年度
チャプター房総第1戦 三位
チャプター房総第4戦 優勝
2013年度
チャプター房総第1戦 五位
2014年度
関東Bブロック大会 四位
東日本決勝大会出場

~亀山湖WeekdayGuide~
水曜日・日曜日・祝日のガイドサービスです。
ガイド料(2015/5月より改定)
お一人様20000円
お二人様26000円
※レンタルボートを利用します。ボート代、入漁料込み。食事別。
※おりきさわボートより出船します。出船時間は季節毎の出船時間に準じます。途中適宜休憩をとります。

[お問合せはこちらから]
↓ ↓ ↓
blackhunterjig@i.softbank.jp

お気軽にどうぞ。  

~ご予約状況&スケジュール~
 <○はガイド可能日> 
5月 8日 (日) ご予約済
5月11日 (水) ○
5月22日 (日) ○
5月25日 (水) ○
5月29日 (日) ご予約済
*以降、水曜・日曜・祝日でガイド可能です。お問合せください。
*ガイド可能日は変更になる場合もございますので、必ずメールにてお問い合わせください。メールの返信に2日ほどかかる場合もございますのでご了承ください。
*トーナメントに出てみたい方!応援します。
プラ同行やアドバイスも承ります。
*ビギナー大歓迎!キャスティングからルアーセレクト、エリア選択まで丁寧にアドバイスします。
*ガイドご利用後の亀山湖釣行アドバイスやタックル・エレキ・魚探セッティングのご相談も承ります。お気軽にメール下さい。
*ビギナー、カップルからお友達同士、トーナメンターまでお気軽にどうぞ。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。